eight one

日本の遺伝子を、前へ。

検索

en
  • facebook
  • twitter

エイトワンの活動について

農業の復興

日本の食料自給率はここ最近はずっと40%くらいで推移しています。
単純に自給率だけで食料事情の判断はできませんが、輸入に依存しすぎることは非常に大きなリスクです。
日本は高齢化社会を迎え食料消費量は減っていきますが、世界ではこれからも爆発的に人口が増加し、
食料消費量も増えていくと予想され、諸外国の作物や原料が安定供給される保証はありません。
これからの日本が経済ダメ、借金膨大、農業もダメ、になってしまうのは非常に危険です。
極論すれば、人は食べるものさえあれば生きていけますから、とにかく農業は何とかしたいと思うのです。
高齢化に伴う後継者不足、耕作放棄地の増加、そういった土地を有効に活用し、
人口が減っていく中で食料生産量を上げていく。そういった取り組みが出来れば、
案外今より落ち着いた幸せな日々が待っているかもしれません。
同時に私たちは、農業の質についても重要だと考えています。それは食事の質につながり、健康につながります。
効率は少し悪くても、きちんとした、おいしい、みんなに喜んでもらえる作物を提供できる農業を目指したい。

そこで私たちは、自社農園「エイトワンファーム」で安心、安全な作物を育て、自社施設で使用しています。
専門スタッフを雇用し、農作業の経験を積んでもらい、ゆくゆくは農地を広げ、量的にも充実させ、
生産、加工、販売を自社で完結させていきます。このように、トータルで利益を残していける仕組みを
私たちは実現しながら、これからの農業のあり方についてもっと考え、より良いカタチをつくっていきます。